読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランキ流

浮き沈みの激しい世の中で流行ったり評価されてるモノを題材にしながらゆるく書いてます

【爆速】リネットの宅配クリーニングに出したら2日後の午前中にきれいに仕上がって返ってきた

f:id:rankingwatcher:20160719211723j:plain

 

先日、宅配クリーニング「リネット」のことを投稿しました。この記事では、類似サービスの「せんたく便」もいいけど、「リネット」に登録してみましたよ、というお話をさせてもらいました。

 

で、この手の宅配クリーニングは「保管」サービスがひとつのウリではあるのですが、今回は「通常」のクリーニングをお願いしてみました。

ただこれからのお話は「プレミアム会員」に登録している状況で実現している内容です。通常会員の場合はこの限りではありませんので、ご注意ください。また居住地によっては、最短2日というサービスの恩恵は受けられない場合もあるようです。この点もご注意ください。

 

街のクリーニング屋はすべてつぶれんちゃうんじゃないの?

さてさて結論からいうと、もう既存のクリーニング店は全部つぶれちゃうんじゃないの?というくらい便利ですばらしいサービスだと感じました。なんと、リネットならクリーニングに出した2日後の午前中に、服がきれいになって戻ってくるのです。めちゃ早い!

「クリーニングに出す」といってもどこかに出かけて持っていく必要もありません。リネットの提携先、クロネコヤマトが自宅まで服を取りに来てくれます。もちろん、仕上がりの服もクロネコヤマトが責任をもって指定時間どおり配達してくれます。

街のクリーニング店でも、引き取りからお届けまでやってくれるところもあると思います。でも、どうしても価格が割高になったりします。また近所の世帯をまとめて訪問したりするので、引き取り日やお届け日も決まっていたりして、使い勝手が悪いわけです。留守の場合は、受け取ることができず、次回訪問日まで待たなくちゃいけない。不便ですよね。

その点、リネットなら引き取りに来てもらう日を自由に決めることができます。時間帯だって指定可能。そしてお届けに関しても、同じように日にちと時間帯を決めることできます。自分の都合に合わせてスケジュールが組めるわけです。これはとても便利。

では、その時の流れを簡単に紹介します。

リネットのWEBサイトやアプリを通してクリーニングを申し込む

まずはクリーニングそのものを申し込まなくてはいけません。引取り日と時間帯、お届け日と時間帯を決めます。

f:id:rankingwatcher:20160719171324p:plain

↑これはPCサイトの申し込み画面です。

引き取りとお届けの希望日と時間帯を決めるだけでOKです。あとは必要に応じて、DXコースを選択したり、1着ごとに撥水加工や折り目加工等のオプション加工を選んだりします。ただ、このようなコースやオプションを選ぶとお届けまでの日数が増えてしまうので注意が必要です。必要なければ、そのまま「なし」で進みます。

それでも上記のように、特に指定なければ2日後の午前中指定で届けてもらうことが可能です。17~19時の集荷で、2日後の午前中に配達。ということは、48時間以内に仕上がりの服が戻ってくるというわけですよね。これってすごくないですか?

通常会員だと最短でも7日後以降になってしまう

でも、この最短2日後のメリットが受けられるのはリネットの「プレミアム会員」になっていなければいけません。「通常会員」だと最短でも7日後以降になってしまいます。

私もはじめは迷いましたが、プレミアム会員になる特典を考えれば、逆に加入しないのは損だと思えたほど。クリーニングをよく利用する人や、保管サービスも使う可能性がある人は、会員になったほうがいいでしょう。

あと会員であれば、梱包用のダンボールを引き取り時にヤマトが持ってきてくれます。これも意外と助かります。自宅にダンボールや紙袋等があればいいのですが、いざという時はなかったりするもの。服の量に応じて、ダンボールの希望数を指定することができます。

さあ、これであとはクロネコヤマトが引き取りに来てくれるのを待つだけです。

クロネコヤマトが衣類を取りに来てくれる

というわけで、こちらで指定した日になるとクロネコヤマトが集荷に来てくれます。私は、ダンボールをふたつ持ってきてもらうように頼んでおきました。なので、クリーニングに出す衣類はすべて玄関近くに適当に置いておいただけです。ダンボールや紙袋を自前で用意する場合は、ヤマトが来てくれる時には箱や袋にすべて入れておきましょう。

f:id:rankingwatcher:20160719203159j:plain

ヤマトが到着。するとヤマトのスタッフがダンボールを組み立ててくれたので、そこに衣類を無造作に放り込んでいきました。どうせ洗濯してもらうんだし、畳まなくていいですよね?

ダウンジャケットからスーツまで15点ほどありました。でも、ダンボールひとつに問題なくおさまりました。というわけで2個目のダンボールはヤマトのスタッフに持って帰ってもらいました。

そうそう、送り状もヤマトが持ってきてくれるので、こちらで用意しておく必要はありません。また、衣類の種類や服の枚数等も書類に記入するような面倒もありません(保管サービスの場合は必要)。

ホント、出したい衣類をまとめて静かに待つだけ。超便利です。

ただ、衣類の数が多くて忘れてしまいそうだったり、高価なコートとか超お気に入りのジャケットが含まれる場合は、自分なりにメモしておくとか、カメラで撮影しておくといいのかもしれません。まあ紛失してしまうということもないはずなので、大丈夫だとは私は思いますよ。実際、私も特に何も記録をとらずに、ダンボールに衣類を放り込んだだけです。

リネットに衣類が届くと確認の明細メッセージが送られてくる

クリーングに出した衣類は通常翌日にはリネットには届きます。そうするとリネット側が中身を確認してくれて、衣類の種類とその料金、さらにはシミや糸引きの状況などが記載された明細をメッセージで送ってくれます。

f:id:rankingwatcher:20160719205051p:plain

「※シミがございました」とか「糸引きしている箇所がございました」等の記載があります。しっかりと服をチェックしてくれている証拠ですね。

ルームシューズを1点入れておいたのですが、これは「靴」の扱いになるらしくクリーング不可ということで、返却扱いとなりました。でも料金にカウントされませんので、安心です。なので、クリーニングしてもらえるかどうか判断に迷う服があれば、ひとまず一緒に送ってしまうのもありだと思います。

ただし、送ってしまった以上はそれは「クリーングしてください」という意思表示でもあります。後からクリーング料金が高いことが分かって、やっぱり「やーめた」ということはできません。

というわけで、今回は計15点(そのうち1点は返却扱い)で12,330円。これに消費税が加わりますが、この時はキャンペーンによる割引があったので、合計で10,221円となりました。

でも、もう翌日の午前中にはこれらのクリーングが終わって送られてくるわけですよね。にわかには信じられませんが、すばらしいサービス内容です。

予定どおり2日後の午前中にクリーングされた衣類が届く

さて衣類を出してから、2日後の朝です。午前9時過ぎに、玄関のチャイムが鳴って、ヤマトが来てくれました。約束通りの配送です。ホントにきれいにしてくれたの?というくらいの早さ。でもこれがリネットの人気の理由なんでしょうね。すばらしすぎます。

f:id:rankingwatcher:20160719211326j:plain

送った時はヤマトが用意してくれたダンボールでしたが、届いた時はこのようなリネットのダンボール。大きさは、ヤマトのダンボールより少し大きくも感じられます。

f:id:rankingwatcher:20160719211525j:plain

↑ダンボールを開けてみたところ。「ご利用ありがとうございます。心こめて仕上げさせて頂きました。」というメッセージが飛び込んできます。

宅配でクリーニングされた衣類がどうやって送られてくるのか、と少し不安もありましたが、まったく問題ありませんでした。ほかのクリーニング店と同じように、ひとつずつビニール包装されてました。

f:id:rankingwatcher:20160719213927j:plain

シワが最小限にすむように、工夫されて、ふんわりと畳まれて入ってるようです。

f:id:rankingwatcher:20160719214019j:plain

出して広げみたら、いつものクリーニング店と同じようなハンガー、タグ、ビニール袋のおなじみのスタイルでした。

f:id:rankingwatcher:20160719223916j:plain

ちなみにこのルームシューズがクリーニング不可でそのまま返却となったものです。

f:id:rankingwatcher:20160719220641j:plain

ご利用ガイドも入ってました。

f:id:rankingwatcher:20160719221410j:plain

中を開くと「アフターケアのご案内」と書かれており、クリーングタグが保証書がわりになること、仕上がりに不満のある場合は7日以内に申し出ることが可能なこと、洋服を取り出した時に細かいシワがあっても2日ほど吊るしておけば解決すること、等が説明されています。

f:id:rankingwatcher:20160719221559j:plain

「ご利用のご案内」という部分もあり、WEB申し込みで集荷に来てもらうこととコンビニ持ち込みという、クリーニングに出すための2つの方法が解説されてます。また、往復送料やお届けまでの日数の説明もあり、プレミアム会員と通常会員の違いについても詳しく書かれています。

f:id:rankingwatcher:20160719221836j:plain

裏面は、コンビニ持ち込み時に、バッグに同封する書類にもなってます。なお、コンビニ持ち込みの際は、WEBからの申し込みは不要で、衣類をまとめて、この用紙とともに送っちゃえばいいみたいですね。

f:id:rankingwatcher:20160719222935j:plain

コンビニ持ち込みの時の送り状も入ってました。すでにこちらの住所・氏名等も印字済みなので手間いらず。ラクチンですね。チャンスあれば、コンビニ持ち込みも試してみたいと思います。

※追記(2016.7/26) 浴衣のクリーニングをまた新たにお願いしていたのですが、思った以上に早く戻ってきました。着物と浴衣は「最短21日後お届け」となっていたので、そう思っていました。でもよくみると「※浴衣は最短5日後届け」となってました。私がオーダーした時もこうなってたかなあ?いずれにしても夏場は浴衣を選択してすぐまた使うこともあるでしょうから、これはありがたいことです。

最後に

気になるクリーニングの仕上がり具合ですが、まったく問題ありませんでした。48時間以内に戻ってくるなんて、このリネットの宅配クリーニングは本当に素晴らしいサービスです。

最後にもう一度、クリーニングが仕上がって戻ってくるまでの流れをまとめておきたいと思います。

  1. WEBサイトまたはスマホアプリからクリーニングの申し込みをする
  2. クロネコヤマトが集荷に来てくれるので、自分で衣類を箱や袋に入れておくか、ヤマトが持ってきてくれるダンボールに衣類をその場で放り込む
  3. リネットに届くと、内容が確認されて、料金明細のメールが送られてくる
  4. こちらが指定したお届け希望日に仕上がった衣類が届く

カンタンですよね。

ちなみに、私はリネットのプレミアム会員の年会費プランに入りました。年額3,600円ですが、年間ケアパスとして400円分の割引クーポンが9個ついてきます。つまり実質、無料でプレミアム会員になれるというわけですね。継続してリネットを使い続ける可能性があるなら、年会費プランで加入するのが絶対おすすめです。

次回はリネットの宅配クリーニングの「保管」付きサービスのほうを利用した時のことを記事したいと思ってます。

以上、今回はリネットの宅配クリーニングで2日後の午前中にきれいに仕上がって戻ってきたというお話でした。

「リネット保管」に関する記事も書きました