読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランキ流

浮き沈みの激しい世の中で流行ったり評価されてるモノを題材にしながらゆるく書いてます

iPhone6sのケースと液晶保護フィルムはシンプルにこれを選んだ

iPhone6s スマホ

iPhone6sをそのまま手にとってみた第一印象は

「これは落下事故が多発しそうだ」

ということでした。

iPhone5sからひとまわりサイズも大きくなっているにもかかわらず、厚みは減っている。だから、手からすべり落ちやすい。これは危険だと感じました。

f:id:rankingwatcher:20150930182720j:plain

この薄さが魅力ではあるんでしょうけど、私は実用性を考えて、ケースと液晶保護フィルムをすぐに入手することを決めました。

まずはケースですが、落下した時のリスクを考えると手帳型がベストなのかもしれません。でも、あの形状はなによりもカメラが使いづらい。なので、対象からはずしました。

かといって、デザイン性にこだわると高くなりやすいです。でもそこまでケースにお金をかけたくありません。シンプルで使いやすく、本体を保護してくれて、落下時にもある程度守ってくれればいい。そう考えました。

そして、もっとも重要なポイントは「すべりにくい」ということ。

つづいて、液晶保護フィルムですが、これはやはりガラスフィルムしか頭にありませんでした。落下した時の被害を最小限に食い止めるにはこれしかありません。ですが、これも予算はあまりかけたくなかったので、クチコミを見ながらなるべく安いものを選ぶことにしました。

選んだケースと保護フィルムはこれ

というわけで、私が選んだiPhone6s用ケースと液晶保護フィルムはこちらになります。

f:id:rankingwatcher:20150930184051j:plain

 

 

 

このように両方ともSpigenの製品となりました。

ケースのSGP11596はTPU素材ですので柔軟性があって装着もしやすい。グリップ感も上々です。まったく滑る気配はありません。クリアな素材ですので、iPhone6s本体もデザインを楽しむこともできます。これで990円という価格でしたので、文句なしです(9月30日現在では1240円となっています)。

液晶保護フィルムのSGP11588ですが、こちらも程よい厚みと硬度があって満足しています。1290円でした(9月30日現在、価格の変動はありません)。iPhone5sの時に買ったガラスフィルムはたしか3000円以上かかったと思うので、だいぶ安くなってきましたね。

埃の影響を受けにくいお風呂場でがんばって貼りました。でも少しズレてしまったせいで貼り直しをする羽目に。そんなわけで完璧にきれいには仕上がりませんでした。85点くらいの出来です。

ただひとつびっくりしたのは、フィルムのサイズが、本体に比べてひと回りほど小さいということです。2~3mm程度小さくなっています。これは液晶面の端にカーブがあるためらしいです。

Amazonのレビューを見ると「4辺が浮いている」「2mmほど浮いてしまった」という書き込みがありますが、私のフィルムはそんなことはありませんでした。同じ製品のはずですが、どういうことなんでしょう?

f:id:rankingwatcher:20150930190138j:plain

↑このように本体サイズよりひとまわり小さくなっています。そして左右両端は液晶部分にギリギリのサイズとなっています。そのため、液晶部分とフィルムを両端を寸部の狂いなく合わせないとカッコ悪くなってしまいます。ここはもっとも気を使う部分でしょう。そして右端に気泡があるのが見えるかと思いますが、貼り付け直後だったのが原因です。現在はなくなっています。

今回かかった予算は、ケースと保護フィルム合わせて2000円強。これで、落下時のリスクを大幅に軽減でき「安心」を買ったと思えば、安いものです。デザインについても、iPhone6sのデザインを大きく損ねるものではありませんので、概ね満足だといえます。

ケース自体のデザインに大きなこだわりのない私の選択肢となりますが、参考になれば幸いです。