読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランキ流

浮き沈みの激しい世の中で流行ったり評価されてるモノを題材にしながらゆるく書いてます

エルゴヒューマンの肘掛けが破れたので交換用アームパッド買って修理しました

くらし

f:id:rankingwatcher:20160706135524j:plain

かれこれ8年近く愛用してきました。私が使っている椅子は「エルゴヒューマン」。当時、大塚家具で10万円弱で購入しました。まだ親子仲良くやってた頃でしょうか(笑

それまで使ってた安い椅子だとお尻が痛くなってきて長時間座ることができませんでした。でもこのエルゴヒューマンに変えてからは快適そのもの。座面も背もたれ部分もメッシュになってるから、通気性も抜群。

もちろん、どれだけ長く座っていても、お尻が痛くなることなんてありません。1日中、座っていても全然疲れません。そう、このエルゴヒューマンは痔とも無縁の、体にやさしいチェアなのであります。

 

エルゴヒューマンの肘掛け部分が破れてる?

しかし、約1ヶ月前、とても悲しい出来事が起きました。左側の肘掛けに亀裂が見つかったのです。肘掛けじゃなくて、アームレストと呼んだほうがスマートなのかな。ま、どちらでもいっか。とにかく、この肘掛けのアームパッド部分に亀裂が発生したわけです。そしてこの亀裂は瞬く間に拡大してきました。

買い換えるとなると10万近い出費になります。8年もがんばってくれたので十分元は取ったのかもしれませんが、まだまだ使えそうです。だから、ひじょうにもったいない。

ただ亀裂があるため、ここに左肘部分があたると痛い。それに見た目もいけてない。ということで、黒の粘着テープを貼ってごましてましたが、亀裂はどんどん広がっていきます。

もうテープでは隠し切れないほど進行スピードが早くなってきてます。ていうか、貼ったテープが逆に見た目を損なってますね、これ・・・。汚い写真ですみません。

f:id:rankingwatcher:20160706135744j:plain

もう限界か・・・、と諦めかけた時に、基本的なことをスルーしてたことに気づいて恥ずかしくなりました。

この肘掛け部分だけ交換できるんちゃうの?

で、調べてみたら、やっぱりありましたよ、先生。そりゃそうですよね。この肘掛けは、人間の腕と接触比率がもっとも高い箇所。夏場だと、汗や油脂のたっぷり含んだ腕があらわになります。つまり、この肘掛けのアームパッド部分だけ劣化する可能性は大なわけです。こうやって亀裂入ったり、破けたりすること、当然ありえます。

左右セットのアームパッドは3200円也

しかし、ほんと見つかって良かった。お値段は3,200円。楽天市場の「WORKAHOLIC STORE」というお店で売ってました。ワーカホリック?どんだけ座り続けさせるつまりやねん!って、ま、いっか。。。。

で、この交換用のアームパッドですが、左右セットでした。片方だけなら、半分の予算で済みそうですが、仕方ありません。

ちなみに、後継機のエルゴヒューマンは「プロ」と呼ばれているらしく、その交換用アームパッドでした。でも説明を見ると、私が使っているエルゴヒューマン「プラス」にも適合するということで一安心。材質は少し異なるようですが、そんなの問題ありません。

10万円を覚悟していた中で、3000円ちょっとの出費で済んで本当によかった。さっそく注文しました。

交換用アームパッドが届いた

f:id:rankingwatcher:20160706140134j:plain

アームパッドの交換方法が記された簡単な説明書もついてました。アームパッドスライドの硬さ調整のやり方も載ってました。

f:id:rankingwatcher:20160706140329j:plain

f:id:rankingwatcher:20160706140357j:plain

交換作業開始

f:id:rankingwatcher:20160706140455j:plain

さてまずは、裏側の7つのネジを外して、アームパッドをはずします。椅子自体は倒したほうが作業しやすいと思います。あまり長いドライバーを使うと座面と接触してやりづらいので、少し短めのドライバーのほうがいいかもしれません。

↓アームパッドを外したところ。

f:id:rankingwatcher:20160706141256j:plain

で、新しいアームパッドを装着。はずしたネジを再度取り付けて完了。小学生でもできる作業です。詳しい説明は必要ありませんね。きれいなアームパッドになって、すっきり。

f:id:rankingwatcher:20160706141347j:plain

ちなみに、アームパッドの材質はやっぱり少し変わってました。新しいほうが、少しソフトな感触。これまでのと比べると弾力もあります。亀裂も入りにくい印象。このまま長持ちしてくれるといいですね。

f:id:rankingwatcher:20160706140808j:plain

↑これがこれまで使ってたアームパッド。きれいなのは右側の肘掛けだからです。プラスチック感があって少し硬めの感触。

f:id:rankingwatcher:20160706140926j:plain

↑で、これが新しいアームパッド。写真だけではわかりづらいかもしれません。こちらのほうがソフトなさわり心地で、樹脂っぽい材質です。こちらのほうが、肘があたった時の感触も心地よい。8年の歳月によって、確実に進化を遂げてるんですね。

というわけで、今回のエルゴヒューマンの肘掛けのトラブルは無事解決。アームパッドを交換できたので、当面は安心です。また破れたりでもしたら、交換すればいいだけのこと。

エルゴヒューマンとの付き合いはまだまだ長く続きそうです。これからもよろしく。